理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター RIKEN Center for Life Science Technologies

トピックス一覧

  • 研究成果

    CLSTから発表された最新の研究成果をご紹介します。
  • おしらせ

    受賞や協定の締結など、CLSTからのお知らせを掲載します。
  • イベント

    セミナーやシンポジウムなど、各種イベントをご紹介します。

一般の方へ

一人でも多くの方にCLSTの研究を知っていただくために、4つのコンテンツを集めました。
「読む」では研究者のインタビューや講演録などの記事を、「視聴する」では動画をご覧いただけます。「会いに行く」では、実際に研究者と会って話せるイベントをご案内します。「勉強する」は、研究内容をもっと深く知りたい方向けのコンテンツです。
  • 読む
  • 会いに行く
  • 視聴する
  • 勉強する

研究・技術

ゲノムネットワーク解析支援施設

CAGEを含むRNA解析を得意とするユニークな遺伝子解析受託施設です。まずはご相談下さい。

施設長
岡崎 康司   M.D., Ph.D.

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Tel: 045-503-9237

>>> Lab Site

研究内容

最先端のシーケンス技術を提供する事を通じてライフサイエンス研究を支援します。研究者の要望に応じて、サンプル調製から、シーケンス、データ解析までトータルでサポートします。2010年度から5年間、文科省が主催した革新的細胞解析研究プログラム(セルイノベーション)のシーケンス解析拠点を務め、先導研究の活動を支えました。さらに、2014年度から、同じく文科省が主催している、創薬等支援技術基盤プラットフォームの機能ゲノミクス解析拠点として、研究支援活動を継続しています。ゲノム/トランスクリプトーム解析はもとより転写開始点解析(CAGE)、ChIP-Seq、ncRNA解析まで、ユニークで幅広い解析を提供して、研究者のニーズに応えたいと考えています。シーケンスデータ品質の向上と安定化のために、2010年からISO9001の認証を得ました。

図:実験室の様子。より少ないサンプル量で、良好なシーケンス結果を出せるように努力しています。

図:当施設が所有する様々な種類のシーケンサとそのシーケンス仕様。

論文

1

Whole-exome sequencing identifies a novel ALMS1 mutation (p.Q2051X) in two Japanese brothers with Alstrom syndrome

Katagiri S, Yoshitake K, Akahori M, Hayashi T, Furuno M, Nishino J, Ikeo K, Tsuneoka H, Iwata T.
Mol Vis, 19, 2393-2406 (2013).
2

全エクソーム解析による遺伝子性網膜疾患の原因遺伝子探索

岩田岳, 古野正朗, 池尾一穂
医学のあゆみ, 245, 401-407 (2013).
3

Automated workflow for preparation of cDNA for cap analysis of gene expression on a single molecule sequencer.

Itoh M, Kojima M, Nagao-Sato S, Saijo E, Lassmann T, Kanamori-Katayama M, Kaiho A, Lizio M, Kawaji H, Carninci P, Forrest AR, Hayashizaki Y.
PLoS One, 7(1), e30809 (2012).
4

Unamplified cap analysis of gene expression on a single-molecule sequencer.

Kanamori-Katayama M, Itoh M, Kawaji H, Lassmann T, Katayama S, Kojima M, Bertin N, Kaiho A, Ninomiya N, Daub CO, Carninci P, Forrest AR, Hayashizaki Y.
Genome Res, 21(7), 1150-1159 (2011).

スタッフ