理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター RIKEN Center for Life Science Technologies

トピックス一覧

  • 研究成果

    CLSTから発表された最新の研究成果をご紹介します。
  • おしらせ

    受賞や協定の締結など、CLSTからのお知らせを掲載します。
  • イベント

    セミナーやシンポジウムなど、各種イベントをご紹介します。

一般の方へ

一人でも多くの方にCLSTの研究を知っていただくために、4つのコンテンツを集めました。
「読む」では研究者のインタビューや講演録などの記事を、「視聴する」では動画をご覧いただけます。「会いに行く」では、実際に研究者と会って話せるイベントをご案内します。「勉強する」は、研究内容をもっと深く知りたい方向けのコンテンツです。
  • 読む
  • 会いに行く
  • 視聴する
  • 勉強する

研究・技術

固体NMR 技術開発ユニット

原子レベルの構造・ダイナミクスの理解を目指した新規固体NMR法の開発・応用

ユニットリーダー
西山 裕介   Ph.D.

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22 W121

5_1_nishiyama_leader.png

研究内容

当研究室では固体NMR法を用いた新規測定手法の開発及び原子レベルでの構造解析を手掛けています。世界記録となる120 kHzの超高速の試料回転システムおよび世界最高クラスの900 MHzの高磁場NMRシステムを備え、タンパク質をはじめとする生体材料、触媒などの無機材料、有機無機ハイブリッド材料など幅広い材料解析を行っています。

論文

1

Ultra-fast Magic Angle Spinning: Benefits for the Acquisition of Ultra-wideline NMR Spectra of Heavy Spin-1/2 Nuclei.

P_ppler AC, Demers JP, Malon M, Singh AP, Roesky HW, Nishiyama Y, Lange A
Chemphyschem, 17(6), 812-816 (2016).
2

Two-dimensional proton-detected 35Cl/1H correlation solid-state NMR experiment under fast magic angle sample spinning: Application to pharmaceutical compounds

Manoj Kumar Pandey, Hiroshi Kato, Yuji Ishii, Yusuke Nishiyama
Phys Chem Chem Phys,(18), 6209-6216 (2016).
3

1020 MHz Single-Channel Proton Fast Magic Angle Spinning Solid-State NMR Spectroscopy.

Pandey MK, Zhang R, Hashi K, Ohki S, Nishijima G, Matsumoto S, Noguchi T, Deguchi K, Goto A, Shimizu T, Maeda H, Takahashi M, Yanagisawa Y, Yamazaki T, Iguchi S, Tanaka R, Nemoto T, Miyamoto T, Suematsu H, Saito K, Miki T, Ramamoorthy A, Nishiyama Y.
J Magn Reson, 261, 1–5 (2015).
4

High-resolution NMR-based metabolic detection of microgram biopsies using a 1 mm HRμMAS probe.

Nishiyama Y, Endo Y, Nemoto T, Bouzier-Sore AK, Wong A.
Analyst, 140(24), 8097-8100 (2015).
5

The use of a selective saturation pulse to suppress t1 noise in two-dimensional 1H fast magic angle spinning solid-state NMR spectroscopy.

Robertson AJ, Pandey MK, Marsh A, Nishiyama Y, Brown SP.
J Magn Reson., 260, 89-97 (2015).
8

Evolution of CPMAS under fast magic-angle-spinning at 100kHz and beyond.

Wickramasinghe A, Wang S, Matsuda I, Nishiyama Y, Nemoto T, Endo Y, Ishii Y.
Solid State Nucl Magn Reson., S0926-2040(15), 30025-4 (2015).
9

Nano-mole scale sequential signal assignment by 1H-detected protein solid-state NMR

Wang S, Parthasarathy S, Xiao Y, Nishiyama Y, Long F, Matsuda I, Endo Y, Nemoto T, Yamauchi K, Asakura T, Takeda M, Terauchi T, Kainoshogi M, Ishii Y.
Chem. Commun., 51, 15055-15058 (2015).
12

Accurate NMR determination of C–H or N–H distances for unlabeled molecules

Nishiyama Y, Malon M, Potrzebowski MJ, Paluch P, Amoureux JP.
Solid State Nucl Magn Reson., S0926-2040(15), 30005-9 (2015).

>>>すべて見る

メンバー  *:兼務