理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター RIKEN Center for Life Science Technologies

トピックス一覧

  • 研究成果

    CLSTから発表された最新の研究成果をご紹介します。
  • おしらせ

    受賞や協定の締結など、CLSTからのお知らせを掲載します。
  • イベント

    セミナーやシンポジウムなど、各種イベントをご紹介します。

一般の方へ

一人でも多くの方にCLSTの研究を知っていただくために、4つのコンテンツを集めました。
「読む」では研究者のインタビューや講演録などの記事を、「視聴する」では動画をご覧いただけます。「会いに行く」では、実際に研究者と会って話せるイベントをご案内します。「勉強する」は、研究内容をもっと深く知りたい方向けのコンテンツです。
  • 読む
  • 会いに行く
  • 視聴する
  • 勉強する

研究・技術

創薬・医療技術イメージング基盤ユニット

基盤ユニットリーダー
渡辺 恭良   M.D.,Ph.D

〒650-0047 神戸市中央区港島南町6-7-3
Tel: 078-304-7101

3_8_watanabe.png

研究内容

創薬・医療技術イメージング基盤ユニットでは、陽電子放射断層画像撮影法(PET法)を中心とした分子イメージング技術の活用により、マーモセット(サル)・マウスやヒト生体内での薬物動態研究を推進します。分子イメージングプローブの標識化技術は、生体内での観察時間の確保や代謝分解後の追跡を向上させています。また、マイクロドーズ臨床試験を視野に入れ、マウスからヒトまでの一気通貫した分子イメージング法の活用とともに、薬剤候補化合物の標識化やプローブ化を行い、新たな創薬プロセスの構築を目指します。

論文

1

Exploration of Antiemetics for Osteoporosis Therapy-Induced Nausea and Vomiting Using PET Molecular Imaging Analysis to Gastrointestinal Pharmacokinetics

Shingaki T, Katayama Y, Nakaoka T, Takashima T, Onoe K, Okauchi T, Hayashinaka E, Wada Y, Cui Y, Watanabe Y.
Pharm Res., 33(5), 1235-1248 (2016).
2

Visualization and Quantitative Assessment of the Brain Distribution of Insulin through Nose-to-Brain Delivery Based on the Cell-Penetrating Peptide Noncovalent Strategy.

Kamei N, Shingaki T, Kanayama Y, Tanaka M, Zochi R, Hasegawa K, Watanabe Y, Takeda-Morishita M.
Mol Pharm., 13(3), 1004-1011 (2016).
3

Detection of cyclooxygenase-1 in activated microglia during amyloid plaque progression: PET studies in Alzheimer’s disease model mice.

Shukuri M, Mawatari A, Ohno M, Suzuki M, Doi H, Watanabe Y, Onoe H.
J Nucl Med, 57(2), 291-296 (2016).
4

Visualization of drug translocation in the nasal cavity and pharmacokinetic analysis on nasal drug absorption using positron emission tomography in the rat

Shingaki T, Katayama Y, Nakaoka T, Irie S, Onoe K, Okauchi T, Hayashinaka E, Yamaguchi M, Tanki N, Ose T, Hayashi T, Wada Y, Furubayashi T, Cui Y, Sakane T, Watanabe Y
Eur J Pharm Biopharm.,(99), 45-53 (2015).
5

Ni/Cu-Catalyzed Defluoroborylation of Fluoroarenes for Diverse C-F Bond Functionalizations

Niwa T, Ochiai H, Watanabe Y, Hosoya T
J Am Chem Soc, 137(45), 14313-14318 (2015).
6

Synthesis of 11C-Labeled Thiamine and Fursultiamine for in Vivo Molecular Imaging of Vitamin B1 and Its Prodrug Using Positron Emission Tomography.

Doi H, Mawatari A, Kanazawa M, Nozaki S, Nomura Y, Kitayoshi T, Akimoto K, Suzuki M, Ninomiya S, Watanabe Y.
J Org Chem, 80(12), 6250-6258 (2015).
7

Quantitative evaluation of the improvement in the pharmacokinetics of a nucleic acid drug delivery system by dynamic PET imaging with F-18-incorporated oligodeoxynucleotides

Mukai H, Ozaki D, Cui Y, Kuboyama T, Yamato-Nagata H, Onoe K, Takahashi M, Wada Y, Imanishi T, Kodama T, Obika S, Suzuki M, Doi H, Watanabe Y.
J Control Release, 180, 92-99 (2014).
8

Evaluation of Oatp and Mrp2 Activities in Hepatobiliary Excretion Using Newly Developed Positron Emission Tomography Tracer [C-11]Dehydropravastatin in Rats

Shingaki T, Takashima T, Ijuin R, Zhang X, Onoue T, Katayama Y, Okauchi T, Hayashinaka E, Cui YL, Wada Y, Suzuki M, Maeda K, Kusuhara H, Sugiyama Y, Watanabe Y.
J Pharmacol Exp Ther, 347(1), 193-202 (2013).

>>>すべて見る

メンバー  *:兼務