理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター RIKEN Center for Life Science Technologies

トピックス一覧

  • 研究成果

    CLSTから発表された最新の研究成果をご紹介します。
  • おしらせ

    受賞や協定の締結など、CLSTからのお知らせを掲載します。
  • イベント

    セミナーやシンポジウムなど、各種イベントをご紹介します。

一般の方へ

一人でも多くの方にCLSTの研究を知っていただくために、4つのコンテンツを集めました。
「読む」では研究者のインタビューや講演録などの記事を、「視聴する」では動画をご覧いただけます。「会いに行く」では、実際に研究者と会って話せるイベントをご案内します。「勉強する」は、研究内容をもっと深く知りたい方向けのコンテンツです。
  • 読む
  • 会いに行く
  • 視聴する
  • 勉強する

研究・技術

健康・病態科学研究チーム

—分子を活かす—
動物の研究からヒトの研究へ橋渡しをします

チームリーダー
渡辺 恭良   M.D., Ph.D.

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町6-7-3
Tel: 078-304-7101

3_7_watanabe.png

研究内容

分子プローブの体内動態追跡研究を行い、トランスレーショナルリサーチを臨床研究パートナー機関と進めます。多数の薬物(候補)分子を標識し、動物・ヒトでの全身臓器における薬物動態研究と薬物送達システム(DDS)開発研究を行います。また、分子イメージング計測の高精細化への研究、融合・新規分子イメージング方法の開発研究も進めます。

薬物動態

我々が開発した[11C]Dehydropravastatinにより、薬物間相互作用や遺伝子多型による肝胆系輸送・腎排泄の機能変化を非侵襲的・定量的に捉えることに成功。現在、臨床PET試験を実施中。  

1) 薬物動態研究

分子イメージング技術を薬物動態研究に応用することで、薬物が全身の各臓器へどのように移行しどの経路で排出されるかを、同じ個体で、かつ非侵襲的に解明することができます。さらに薬物トランスポーターが関わる遺伝子多型や薬物相互作用の影響についても、分子イメージング技術を応用し、詳細な速度論的な評価ができると考えられ、今後創薬研究には欠かせないツールになります。

2) 病因・病態研究

病気には様々な分子が関連しています。例えばアルツハイマー病はアミロイドβペプチドというものの凝集塊が不溶性になり脳内に蓄積して神経細胞死を起こし、認知機能障害が起こると考えられています。分子イメージング技術を使ってこのような原因分子を早期に発見して早期治療を行うことが可能になります。

3) 生体高分子のPETプローブ化

核酸・ペプチド・糖鎖・タンパク質などの生体高分子は、近年薬物の候補物質として注目されています。これらの分子の挙動を探るために、放射性金属核種68Ga, 64Cu, 89Zrを導入することで生体高分子をPETプローブ化しています。64Cuは半減期が12.7時間、89Zrは3.26日と長いことから、中〜長期のPETプローブの挙動を追うことができます。

論文

1

Ni/Cu-Catalyzed Defluoroborylation of Fluoroarenes for Diverse C-F Bond Functionalizations

Niwa T, Ochiai H, Watanabe Y, Hosoya T
J Am Chem Soc, 137(45), 14313-14318 (2015).
2

Less efficient and costly processes of frontal cortex in childhood chronic fatigue syndrome

Mizuno K, Tanaka M, Tanabe HC, Joudoi T, Kawatani J, Shigihara Y, Tomoda A, Miike T, Imai-Matsumura K, Sadato N, Watanabe Y.
Neuroimage Clin., 9, 355-368 (2015).
3

Synthesis of 11C-Labeled Thiamine and Fursultiamine for in Vivo Molecular Imaging of Vitamin B1 and Its Prodrug Using Positron Emission Tomography.

Doi H, Mawatari A, Kanazawa M, Nozaki S, Nomura Y, Kitayoshi T, Akimoto K, Suzuki M, Ninomiya S, Watanabe Y.
J Org Chem, 80(12), 6250-6258 (2015).
4

A voxel-based analysis of brain activity in high-order trigeminal pathway in the rat induced by cortical spreading depression.

Cui YL, Toyoda H, Sako T, Onoe K, Hayashinaka E, Wada Y, Yokoyama C, Onoe H, Kataoka Y, Watanabe Y.
Neuroimage, 108, 17-22 (2015).
5

[11C]Cetrozole: an Improved C-[11C]Methylated PET Probe for Aromatase Imaging in the Brain.

Takahashi K, Hosoya T, Onoe K, Doi H, Nagata H, Hiramatsu T, Li XL, Watanabe Y, Wada Y, Takashima T, Suzuki M, Onoe H, Watanabe Y.
J Nucl Med, 55(5), 852-857 (2014).
6

PET Imaging Analysis with 64Cu in Disulfiram Treatment for Aberrant Copper Bio-distribution in Menkes Disease Mouse Model

Nomura S, Nozaki S, Hamazaki T, Takeda T, Ninomiya E, Kudo S, Hayashinaka E, Wada Y, Hiroki T, Fujisawa C, Kodama H, Shintaku H, Watanabe Y.
J Nucl Med, 55(5), 845-851 (2014).
7

Quantitative evaluation of the improvement in the pharmacokinetics of a nucleic acid drug delivery system by dynamic PET imaging with F-18-incorporated oligodeoxynucleotides

Mukai H, Ozaki D, Cui Y, Kuboyama T, Yamato-Nagata H, Onoe K, Takahashi M, Wada Y, Imanishi T, Kodama T, Obika S, Suzuki M, Doi H, Watanabe Y.
J Control Release, 180, 92-99 (2014).
8

Neuroinflammation in patients with chronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis: an 11C-(R)-PK11195 PET study.

Nakatomi Y, Mizuno K, Ishii A, Wada Y, Tanaka M, Tazawa S, Onoe K, Fukuda S, Kawabe J, Takahashi K, Kataoka Y, Shiomi S, Yamaguti K, Inaba M, Kuratsune H, Watanabe Y.
J Nucl Med, 55(6), 945-950 (2014).
9

64Cu-DOTA-trastuzumab PET imaging in patients with HER2-positive breast cancer.

Tamura K, Kurihara H, Yonemori K, Tsuda H, Suzuki J, Kono Y, Honda N, Kodaira M, Yamamoto H, Yunokawa M, Shimizu C, Hasegawa K, Kanayama Y, Nozaki S, Kinoshita T, Wada Y, Tazawa S, Takahashi K, Watanabe Y, Fujiwara Y.
J Nucl Med, 54(11), 1869-1875 (2013).

>>>すべて見る

メンバー  *:兼務

  • >>>Curriculum vitae