理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター RIKEN Center for Life Science Technologies

トピックス一覧

  • 研究成果

    CLSTから発表された最新の研究成果をご紹介します。
  • おしらせ

    受賞や協定の締結など、CLSTからのお知らせを掲載します。
  • イベント

    セミナーやシンポジウムなど、各種イベントをご紹介します。

一般の方へ

一人でも多くの方にCLSTの研究を知っていただくために、4つのコンテンツを集めました。
「読む」では研究者のインタビューや講演録などの記事を、「視聴する」では動画をご覧いただけます。「会いに行く」では、実際に研究者と会って話せるイベントをご案内します。「勉強する」は、研究内容をもっと深く知りたい方向けのコンテンツです。
  • 読む
  • 会いに行く
  • 視聴する
  • 勉強する

研究・技術

分子標的化学研究チーム

化学に革新をもたらすことで、ライフサイエンスや創薬研究の推進を実現します

チームリーダー
細谷 孝充   Ph.D.

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町6-7-3
Tel: 078-304-7130

3_2_hosoya.png

>>> Lab Site

研究内容

CLSTが掲げるライブイメージングや創薬の発展を促すには、革新的な化学の創出による新たな方法論の開発が不可欠です。具体的には、(1)PETプローブの効率的な合成法の開発、(2)標的分子のin vivoイメージングを可能にする有用なPETプローブの開発、(3)ケミカルバイオロジーを加速する化学技術(ツール、手法)の開発、(4)従来法では入手困難な価値ある有機化合物の高効率合成法の開発などが挙げられます。私たちはあらゆる有機化学を対象とする研究を推進し、化学にイノベーションをもたらすと共に、センター内の様々な背景を持つ研究者との協力を通じ、現代の生物学や医学が直面している挑戦的な課題の解決に挑んでいます。

論文

1

Rhodium-Catalyzed ipso-Borylation of Alkylthioarenes via C–S Bond Cleavage

Uetake Y, Niwa T, Hosoya T,.
Org Lett, 18(11), 2758-2761 (2016).
2

Ni/Cu-Catalyzed Defluoroborylation of Fluoroarenes for Diverse C-F Bond Functionalizations

Niwa T, Ochiai H, Watanabe Y, Hosoya T
J Am Chem Soc, 137(45), 14313-14318 (2015).
4

[11C]Cetrozole: an Improved C-[11C]Methylated PET Probe for Aromatase Imaging in the Brain.

Takahashi K, Hosoya T, Onoe K, Doi H, Nagata H, Hiramatsu T, Li XL, Watanabe Y, Wada Y, Takashima T, Suzuki M, Onoe H, Watanabe Y.
J Nucl Med, 55(5), 852-857 (2014).
5

Investigation of the Effect of Active Efflux at the Blood-Brain Barrier on the Distribution of Nonsteroidal Aromatase Inhibitors in the Central Nervous System

Miyajima, M; Kusuhara, H; Takahashi, K; Takashima, T; Hosoya, T; Watanabe, Y; Sugiyama, Y
J Pharm Sci, 102(9), 3309-3319 (2013).
7

PET of aromatase in gastric parietal cells using 11C-vorozole.

Ozawa M, Takahashi K, Akazawa KH, Takashima T, Nagata H, Doi H, Hosoya T, Wada Y, Cui Y, Kataoka Y, Watanabe Y.
J Nucl Med, 52(12), 1964-1969 (2011).
8

Increase in hypothalamic aromatase in macaque monkeys treated with anabolic-androgenic steroids: PET study with [11C]vorozole.

Takahashi K, Onoe K, Doi H, Nagata H, Yamagishi G, Hosoya T, Tamura Y, Wada Y, Yamanaka H, Yokoyama C, Mizuma H, Takashima T, Bergström M, Onoe H, Långström B, Watanabe Y.
Neuroreport, 22(7), 326-330 (2011).
9

Practical synthesis of precursor of [N-methyl-11C]vorozole, an efficient PET tracer targeting aromatase in the brain.

Takahashi K, Yamagishi G, Hiramatsu T, Hosoya A, Onoe K, Doi H, Nagata H, Wada Y, Onoe H, Watanabe Y, Hosoya T.
Bioorg Med Chem, 19(4), 1464-1470 (2011).
10

Functional role of neuroendocrine-specific protein-like 1 in membrane translocation of GLUT4.

Ikemoto T, Hosoya T, Takata K, Aoyama H, Hiramatsu T, Onoe H, Suzuki M, Endo M.
Diabetes, 58(12), 2802-2812 (2009).

>>>すべて見る

メンバー  *:兼務